ニュース

ISIDとISID上海が住友ゴムグループの中国統括会社に連結会計システム「STRAVIS」を提供

ISIDとISID上海が住友ゴムグループの中国統括会社に連結会計システム「STRAVIS」を提供

 

2013年5月、株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID) と子会社である上海電通信息服務有限公司(本社:中国上海市、総経理:泉 浩之、以下ISID上海)は、 住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:池田 育嗣、以下住友ゴム工業)の中国統括子会社である住友ゴム(中国)有限公司(本社:中国江蘇省、以下住友ゴム(中国))における経営管理システムとして、ISIDの連結会計システム「STRAVIS(ストラビス)」が採用されたことをお知らせいたします。


住友ゴムは主に、タイヤ、金型、車関連部品の製造販売、卸し、輸出入代行、及びアフターサービスを提供します。タイヤ事業は中心となり、「ダンロップ」「ファルケン」「グッドイアー」をメインブランドとする乗用車用、トラック・バス用、モーターサイクル用などタイヤを先進の環境技術を駆使して国内外に提供しています。

 

詳細PDF

 

 

カテゴリー:  ニュース

日本のe-Parcel社製品電子宅配便を中国で代理販売のお知らせ

『日本のe-Parcel社製品電子宅配便を中国で代理販売のお知らせ』

 

この度、日本のe-Parcel社製品電子宅配便を中国で代理販売することになりましたので、皆様へご案内申し上げます。


e-Parcel電子宅配便とは電子メール感覚でご利用いただける大容量対応のデータ配送サービスです。 簡単な操作により、大容量データを安全・確実に送信できます。

 

詳細PDF

カテゴリー:  ニュース

SAPPHIRE NOWにBusinessSPECTRE出展のお知らせ

『SAPPHIRE NOWにBusinessSPECTRE出展のお知らせ』

 

 この度、11月15日(火)、11月16日(水)に中国(北京)で開催されるSAPPHIRE NOW(※)に BusinessSPECTREなどSAP関連製品を出展することになりましたので、皆様へご案内申し上げます。


(※)SAPPHIRE NOW (http://www.sapphirenow.cn/event/index.html) 進化したお客様向けコンファレンスのSAPPHIRE NOWは、優良企業のSAPソフトウェアを 使用したベストプラクティスの実例や、製品ロードマップについての理解をより深めていただく場として、 今まで以上に評価されるイベントとなることをお約束します。 今回は、アメリカ、EU以外の場所での始めてのご開催になります。SAP ビジネスインテリジェンス、クラウド、 インメモリ技術、携帯等領域の製品をご紹介する予定です。お客様はロケーションに関係なく 業界関係者や専門家との意見交換が可能になり、成功事例、製品イノベーション、業界動向などを直に学ぶ機会が広がります。 今回のイベントを通して、SAP、お客様、パートナー企業によるビジネスソ フトウェアの革新的なアプリケーションを探索、体験していただくことができます。 数多くのパートナー企業が、セッションや展示会に参加すると予想されます。


また、弊社はスポンサーとしてBusinessSPECTREなどの商品を出展することになりました。 データ活用、経営判断にお役に立てる商品だと確信いたしております。 是非万障お繰り合わせのうえご来場賜りますようご案内申し上げます。


本イベントは、SAPユーザーグループ(JSUG)のメンバー、お客様やパートナー企業等々の エクゼクティブの方をお招きし、完全招待制のイベントとして開催いたします。 ご参加したい方はお手数ですがisidsales@isid.com.cnまでご連絡をお願い致します。

 

カテゴリー:  ニュース

Concierge上海9月号の記事

Concierge上海9月号の記事

 

弊社のオフィスが中国での生活を応援する日本語フリーマガジン『Concierge』上海9月号の「会社をシアワセにするオフィスの作り方」特集(なんと表紙にも!)に掲載 されました。弊社オフィスの魅力をしっかりアピールいただいております。もし機会がございましたら、ぜひ弊社オフィスをご訪問ください!

 

掲載イメージ

crg806

 

 

 

 

カテゴリー:  ニュース

OKI とISID、海外進出製造業向けクラウドで業務提携

OKI とISID、海外進出製造業向けクラウドで業務提携
~化学物質情報システムをクラウドサービス「PLEXUS」上で提供~

 

沖電気工業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 秀一、以下OKI)と株式会社 電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、海外進出製造業向けクラウドサービス分野で業務提携することに合意しました。ISIDのクラウド型エンタープライズPLM※1サービス「PLEXUS(プレクサス)」の新たなメニューとして、OKIの製品含有化学物質情報システム「COINServR-COSMOS-R/R(コインサーブコスモスアールツー)」の機能を2011年9月より提供いたします。

提携の背景と概要

欧州連合(EU)のRoHS指令※2やREACH※3規制をはじめとする、各国における環境対策の強化 や関連法令の施行により、電気・電子・機械などの製造業では、部品調達や組み立てなどのサプ ライチェーン全体にわたって化学物質情報を管理する必要が生じています。電子部品、機械部品、塗装や接続材料など、管理すべき製品含有化学物質情報は多岐にわたり、さらに規制強化により 対象品目は年々増加しています。これらの情報を的確に管理し、確実に納入先への報告を行う業務は、製造業、特に国内外に設計・生産拠点を持つ海外進出製造業にとって、大きな負担となっています。

化学物質情報を効率的に管理、報告するには、製品設計段階から化学物質情報を管理することが 有効なため、OKIの持つ化学物質情報管理のノウハウと、ISIDが提供するクラウド型エンタープライズPLMサービスを組み合わせたサービス提供について、業務提携することで合意しました。

今回の業務提携により、「PLEXUS」のサービスメニューとして、OKIの製品含有化学物質情報システム「COINServR-COSMOS-R/R」を利用できるだけではなく、製品設計情報管理サービス「PLEXUS PDM」と連携した化学物質情報システムを、初期投資を抑制しながら短期間で構築・利用できるようになります。

「COINServ-COSMOS-R/R」について

http://www.oki.com/jp/esc/service/cosmos/(沖電気工業株式会社サイトへ)

製品含有化学物質情報システム「COINServR-COSMOS-R/R」は、化学物質に配慮したグリーン調達の実践から取引先への回答までをITで支援し、作業を大幅に効率化するシステムです。電子部 品、機械部品、塗装や接続材料などのあらゆる商品、製品中の含有化学物質を迅速に集計・管理 でき、RoHS指令、REACH規則に対応した完成度の高い環境配慮型設計をサポートします。グリーン調達調査共通化協議会(JGPSSI)で作成した統一フォーマット、アーティクルマネージメント 推進協議会(JAMP)が作成したJAMP AISフォーマットに対応しており、頻繁なデータ調査・回答・登録などの業務を大幅に効率化することが可能です。

「PLEXUS」について

http://portal.plexusplm.com/

クラウド型エンタープライズPLMサービス「PLEXUS」は、国内外に設計・生産拠点を持つ製造業企業を対象に、製品開発・設計から生産管理・SCM(サプライ・チェーン・マネジメント)などの基幹業務に至るまで、ものづくりに関わる様々な業務プロセスを支援する複数のSaaS※4を統合的に提供するサービスです。2011年4月に提供を開始し、現在は製品設計情報管理サービス 「PLEXUS PDM」とデジタル著作権管理サービス「PLEXUS DRM」の二つのメニューを提供していま す。クラウド活用による初期投資コストの抑制だけでなく、業務量に応じた月ごとの利用契約数の最適化により運用コストも低減でき、グローバルな事業展開に伴うIT投資負担を軽減することが可能です。

【用語解説】

・※1エンタープライズPLM:従来は設計や製造などエンジニアリング系のツールの集合体として位置づけられていたPLM(Product Lifecycle Management:製品ライフサイク ル管理)を、生産管理・調達・販売・マーケティングなどに関わる基幹業務システムと連携、統合させる概念。設計や製造などの機能が海外に移管される昨今の動向の中で、 PLMをビジネス全体の枠組みの中で捉えることによりグローバル化と全体最適化を進めていこうとするもので、主要なPLMシステムメーカーにより提唱されている。

 

・  ※2 RoHS指令:EUにて2006年6月に施行。電子・電気機器における特定有害物質の使用制限についての欧州連合(EU)による指令である。RoHSは、「Restriction of Hazardous Substances(危険物質に関する制限)」の略称。これに関連 して2006年12月13日、 新たにEUにて2万種以上の化学物質の安全性の評価を義務付ける新化学品規制(通称 REACH規制)が可決され、2007年6月1日から施行されている。

 

・  ※3 REACH規則: EUにて2007年6月に施行。EU域内にて化学品(Chemicals)を製造、輸入する場合に、その製造者、輸入者に登録(Registration)、評価(Evaluation)を義務付け、高懸念物質については、関係当局が許可(Authorization)、さらにリスクの高い物質には、禁止などの制限(Restriction)を設ける規則。REACHは「the Registration, Evaluation, Authorization and Restriction of Chemicals」の略称。



・  ※4 SaaS:ネットワークを介してソフトウェアをサービス利用する形態。

 

 

ご参考情報

沖電気工業株式会社 会社概要

 

社名 沖電気工業株式会社(OKI)
代表者 代表取締役社長 川崎 秀一
本店所在地 東京都港区虎ノ門1-7-12 (虎ノ門ファーストガーデン)
URL http://www.oki.com/jp
創立 1949年
資本金 440億円
従業員数 3,364名/グループ連結:18,004名(2010年12月31日現在)
連結売上高 4,439億円(2010年3月期)
事業内容 電子通信・情報処理・ソフトウェアの製造・販売およびこれらに関するシステムの
構築・ソリューションの提供、工事・保守およびその他サービスなど

カテゴリー:  ニュース

自動車3次元データモデル品質 世界戦略サミット開催のお知らせ

自動車3次元データモデル品質 世界戦略サミット開催のお知らせ

 

弊社製品CADDoctorの中国総代理店である、Honlitech社とともに、5月26日(木)にて

自動車業界向けに、設計データ品質の向上、量産工程への活用をテーマに、セミナを開催いたします。


本セミナーにご参加いただくことで、以下の効果が期待されます。

・ 3次元設計データ活用の最前線の情報収集

・ 日中自動車メーカーの方々との情報交換

・ 金型メーカ、部品メーカの方々との情報交換


参加希望の方は下記リンクにて申込書にご記入の上、

送信ボタンをクリックしてください。

http://www.honlitech.com/cn/bmxx_jp.html


お問い合わせ先

武 昕(ブ シン)

sarah_wu@isid.com.cn

021-6360-0216(117)


関連記事:http://bizpresso.net/seminar/2010.html

セミナーの詳細は添付ファイルを参照ください。

 

 

カテゴリー:  ニュース

上海周辺の日系企業向け情報誌にSpectreの記事掲載

『上海周辺の日系企業向け情報誌にBusinessSPECTREの記事掲載』

 

上海周辺の日系企業向け情報誌にBusinessSPECTREの記事を掲載致しましたのでご報告致します。

関連記事  http://bizpresso.net/article_001/1824.html

 

PDFファイル

 

 

カテゴリー:  ニュース

2010年度明星(スター)ソフトウェア企業賞を受賞

『2010年度明星(スター)ソフトウェア企業賞を受賞』

 

ISID上海は昨年に続いて2010年度明星(スター)ソフトウェア企業賞を受賞致しましたので、ご報告致します。

本年度は下記2つの分野で受賞致しました。
(1)2010明星ソフト企業(経営型):上海市で33位
 ・2009年度企業総収入1億人民元以上
(2)2010明星ソフト企業(輸出型):上海市で10位
 ・2009年度企業輸出収入250万米ドル以上

 

 

カテゴリー:  ニュース

MIJSカンファレンスにBusinessSPECTRE出展のお知らせ

MIJSカンファレンスにBusinessSPECTRE出展のお知らせ

 

この度、11月12日(金)に中国(上海)で開催されるMIJSカンファレンス(※)にBusinessSPECTREを出展することになりましたので、皆様へご案内申し上げます。

      (※)MIJSコンソーシアム(Made In Japan Software)は「日本発のソフトウェアを世界へ!」を目指して設立された団体で、弊社も加盟しています。(ご参考URL http://www.mijs.jp/

      弊社は2002年に上海法人を設立し、2008年からはSAP ERPの保守・ヘルプデスクサービスやアドオン開発を日本企業の中国拠点に対してご提供して参りました。

      近年、多くの日本企業が中国市場での販売強化に取り組んでおられます。それに伴いSAP ERPデータを経営分析(BI)や予算管理に有効活用したいとのニーズが中国でも高まっており、上海法人でもBusinessSPECTREの販売を開始致しました。

      当イベントへのご参加は無料です。SAP ERPをご利用中の御社中国拠点の方々のご参加を賜りたく、ご関係者様へ本案内をご転送下さいますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

 

お申込みやカンファレンス詳細は以下URLをご覧ください。    
http://www.mijs.jp/section/event/20101112/    
★講演、展示は日本語・中国語の双方で行います★

 

 

カテゴリー:  ニュース

上海現地法人の北京支店営業開始

上海現地法人の北京支店営業開始

 

ISID上海現地法人(上海電通信息服務有限公司)の北京支店が5月27日(木)より営業開始しました。

【北京支店概要】
名 称: 上海電通信息服務有限公司 北京分公司
            ISI-Dentsu Shanghai Co., Ltd. Beijing Branch

 

住 所: 北京市東城区北三環東路36号北京環球貿易中心A棟706
            Room706, Tower A, Beijing Global Trade Center,

            36 North Third Ring Road East, Dongcheng District,
            Beijing 100013, China

 

電 話: 86-10-58257506

 

営業開始: 2010年5月27日(木)

 

URL: http://www.isid.com.cn

関連リンク: プレスリリース * ISID、北京に拠点設立

~中国本土3拠点体制としITサービス事業を強化~

 

 

カテゴリー:  ニュース

Asprova カンファレンス2009 in 上海

『Asprova カンファレンス2009 in 上海』

 

近年、世界的な原材料価格の高騰とともに、中国労働者の人件費が急上昇で、単純な労働集約型生産の限界が現れた。そこで、生産効率化を図るため、ERPのブームに続いて、生産スケジューラ(APS)を付加価値システムとして導入する実態が見え始めた。
     中国では、日本スケジューラシェアNO.1のAsprovaが、日本のユーザー様に加えて、台湾系や欧米系、さらに中国民営企業の工場でも多く採用されている。
     今回、スケジューラに関する有限能力の生産計画を紹介する上、Asprovaを導入した工場様の実例を通じて、有限な工場生産能力を生かし、如何に無限の価値を創造することを皆様と一緒に議論する。



主催: 派程軟件(Asprova上海)

参加: 無料(事前登録制)

定員: 60名(先着順)

場所: ガーデンホテル32階 鳳凰庁(上海市茂名南路58号)

 

詳細はこちらへ

 

 

カテゴリー:  ニュース

ISID上海が「2009年度スターソフトウェア企業」及び「2009年度優秀企業家」を同時受賞

ISID上海が「2009年度スターソフトウェア企業」及び「2009年度優秀企業家」を同時受賞
~「優秀企業家」は外国人として初受賞~

 



詳細はこちらへ



カテゴリー:  ニュース

「ERPによる経営支援」セミナー

『今だから知っておきたい国際会計基準と最新中国事情』
~IFRS時代のグローバルICT戦略とは?~

 

 

主催:株式会社電通国際情報サービス

協賛:SAPジャパン株式会社

参加:無料(事前登録制)

定員:50名

場所:日本現地開催

   SAPジャパン株式会社中部支社2009/06/24(水) 14:00-17:10

   電通国際情サービス品川本社2009/06/25(木) 14:00-17:10

 

詳細はこちらへ

 

カテゴリー:  ニュース

タグ:  

高速生産計画システム Asprova(アスプローバ) APS  紹介セミナー

『勝ち残りの方程式・時間をキャッシュに変えるモノづくり』

 

高速生産計画システム Asprova(アスプローバ) APS 紹介セミナー
深セン・広州会場のご案内

 

 拝啓 貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 また、平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

 このたび、『勝ち残りの方程式・時間をキャッシュに変えるモノづくり』と題して、これまでお客様より高い評価を頂いている生産計画システムAsprova APS最新バージョンご紹介セミナーを企画いたしました。

 

 本セミナーでは、最新バージョンであるAsprova APSの概要説明とシステム・デモンストレーションを通して、Asprova APSが皆様の工場の利益増大にいかに役に立つかをご説明いたします。この機会に御社でAsprova APSの導入をご検討をいただければ幸いに存じます。

敬具

 

<セミナー概要>

広州会場
日時:2006年9月14日(木) 午後2時~4時30分
場所:白天鵝賓館(White Swan Hotel)3楼沙面庁1号
住所:広東省広州市沙面

深セン会場
日時:2006年9月15日(金) 午後2時~4時30分
場所:深セン富苑酒店 3F 勒杜鵑
住所:広東省深セン市羅湖区南湖路3018号
主催:電通国際信息服務香港有限公司
共催:アスプローバ株式会社 (http://www.asprova.jp)
*当日は各自お名刺をご持参下さい。

 

<プログラム>

13:30~14:00   開場・受付
14:00~14:15   ごあいさつ・ISID概要とAsprovaビジネスのご紹介
            (発表者 電通国際信息服務香港有限公司 商業系統営業部 宮本 快平)
14:15~15:00   Asprova APS最新バージョンのご紹介
            (発表者 アスプローバ株式会社 代表取締役社長 高橋邦芳氏)
15:00~15:15   休憩
15:15~16:15   Asprova APSデモンストレーション
            (発表者 電通国際信息服務香港有限公司 商業系統営業部 宮本 快平)
16:15~16:30   Q&A
16:30         閉会


Asprova(アスプローバ)は、日本製の生産スケジューラーで、既に、日本をはじめ、アメリカ、イギリス、スペイン、中国、台湾、韓国など全世界900を超える工場に導入され、特に日本ではトップシェアのソフトウェアです。


  Asprovaは、機械や人員の負荷を考慮しながら、工場の中の一台一台の機械や一人一人の人員の明日から先のスケジュールを秒単位の精度で作成し、実行 可能な作業指示を出力します。受注・生産・購買に渡り、数ヶ月先までのスケジュールを作成し、工場の見える化を実現し、製造リードタイム短縮、在庫削減を しつつ、納期遵守率を向上させ、皆様の工場の利益増大を推進します。

<お問い合わせ>
担当:宮本、楊(いずれも日本語可)
Tel:+86 0755-8221-3499, 8235-0322
e-mail:Miyamoto@isid.hk      Amy_Yang@isid.com.cn

カテゴリー:  ニュース

トップページへ