ISIDとISID上海が住友ゴムグループの中国統括会社に連結会計システム「STRAVIS」を提供

ISIDとISID上海が住友ゴムグループの中国統括会社に連結会計システム「STRAVIS」を提供

 

2013年5月、株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID) と子会社である上海電通信息服務有限公司(本社:中国上海市、総経理:泉 浩之、以下ISID上海)は、 住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役社長:池田 育嗣、以下住友ゴム工業)の中国統括子会社である住友ゴム(中国)有限公司(本社:中国江蘇省、以下住友ゴム(中国))における経営管理システムとして、ISIDの連結会計システム「STRAVIS(ストラビス)」が採用されたことをお知らせいたします。


住友ゴムは主に、タイヤ、金型、車関連部品の製造販売、卸し、輸出入代行、及びアフターサービスを提供します。タイヤ事業は中心となり、「ダンロップ」「ファルケン」「グッドイアー」をメインブランドとする乗用車用、トラック・バス用、モーターサイクル用などタイヤを先進の環境技術を駆使して国内外に提供しています。

 

詳細PDF

 

 

Category:  ニュース

トップページへ