ERPソリューション

ERPソリューション

中国は、貿易総額では2007年以降アメリカを超え、日本の最大の貿易相手国となっています。 また、昨今、中国は世界の工場としてだけではなく、世界の市場としての地位も確立されつつあります。 この潮流の中、生産拠点、販売拠点として、日本企業が中国へ数多く進出しています。

 一方、日本においては、日本版J-SOXへの対応や、人材のローテーションの観点から、 グループ内で同一の基幹システムを使うニーズが高まってきており、グローバル企業にとって、 世界統一システムの導入は不可欠なものとなりつつあります。ISIDグループでは、 このニーズに対応した、基幹システムの海外展開支援を行っています。 そして、ISIDグループの一員として、ISID上海は中国を中心にアジア域に拠点をおく 日系企業の支援のためにERP導入支援サービスを提供しています。

  SAP ERP®保守運用サービス

 日本語あるいは英語対応が可能なメンバーにより、中国語はもちろん、 お客様のご要望に応じた複数言語でのSAP ERP®アプリケーション運用サポートが 可能です。 SAP ERP®導入経験のあるスタッフがメール、電話で問合わせへの対応を 行います。ご要望に応じて、オンサイトでの対応も可能です。

  SAP ERP®追加開発サービス

  (SAP ERP® Customized Program Development Service)
SAP ERP®のカスタムアプリケーションを開発、提供します。多言語対応可能な 開発チームは、日本語、英語、中国語の開発ドキュメントへの対応が可能です。 主に詳細設計フェーズ~コーディング~単体テストのフェーズのサービスとなります。

  SAP ERP®海外展開支援サービス

  (SAP ERP® Global Rollout Support Service)
日系企業が海外へシステム展開する際に、現地での導入サポートで 支援します。SAP ERP®コンサルタントが、海外拠点での追加開発検討、操作説明、 テスト、システム移行支援を行います。ISIDグループでは、海外展開メソッド および導入テンプレート(BusinessFusion)を活用し、お客様のSAP ERP®導入 ロールアウトプロジェクトを強力に支援します。さらにISID上海の保守運用 サービスおよび追加開発サービスは、導入済み拠点の運用サポート、ローカル 要件への対応をシームレスに実現します。

  ISIDのSAP ERP®関連ソリューション群

Business Solution Series

■お問い合わせ ISID上海ERPコンサルティング部 柳沢:yanagisawa@isid.com.cn

トップページへ