データ交換 PDQ

CADdoctor

データ交換・PDQ

  概要

 CADdoctorは、CADデータ変換の際に発生する不具合箇所を検出し、形状を確認しながら自動・あるいは対話的にデータ修正を行うツールで、三次元CADデータ変換ソフトのデファクトスタンダードとして世界中の設計者から高い評価を受けています。

   CAD上での検証機能では、そのCADシステムの基準でしか検証が行われませんので、元のCADでは問題なく作成できているモデルでも、ターゲットCADに転送した際に初めて不具合が露呈するケースが数多くあります。

   CADdoctorでは、転送先のCADに対応したデータ品質検証を行うことが可能で、データ変換後に初めて明らかになる不具合も早い段階で簡単に検出・修正することが可能です。また、JAMA/JAPIAのPDQガイドラインに準拠した標準的なデータ診断も可能です。 データ品質の向上により、開発の効率化、期間短縮、コスト削減が実現可能となります。

   さらに、形状最適化オプションでデータの利用目的に応じて形状を最適化することが可能です。

形状簡略化
        フィーチャーを消去し解析、加工に適したデータを作成します。

自動面張り
        ワイヤーフレームデータからサーフェスデータを作成 します。

フィレット
        エッジに半径を指定し、複数のフィレット面を一括で作成します。

 CAD to CADからCAD to ALLへ・・・実践的機能を満載にしたCADdoctorがデータ変換にかかるコストを限りなくゼロに近づけます。

トップページへ