NX 特長

Unigraphics NX

統合CAD/CAM/CAE

  特長

情報の一元管理

製品構成情報を中核に、すべてのデータが関連付けて管理されることにより、部門を横断して必要な情報を迅速かつ確実に取得することを可能にします。 また、データのアクセス権はシステムにより管理され、セキュリティ確保やチーム設計推進に貢献します。

マスターモデルデータの活用

マスターモデルデータを核として製品開発のあらゆる場面の作業が統一ソリューションにまとめられ、設計業務の成果物の共有化、業務連携の効率化を可能にします。 さらにマスターモデルの持つ連想性により設計モデルの変更を関係者に迅速に伝達することができます。

解析主導型設計

早期に解析を活用した設計検討を着手することができ、試作実験や量産立ち上げ前に製品性能の予測評価を行うことで、問題の早期発見が可能になり、設計の品質向上、手戻りの削減を実現することができます。

ナレッジの活用

蓄積された設計ノウハウやルールをアプリケーションに組み込み、積極的に活用することができます。自動検証システムとも組み合わせ、設計作業の効率化、品質の向上を可能にします。

エンジニアリング・プロセス管理

製品情報とプロセスとを統合化して管理することができ、製品開発のすべての段階で関連する人々のナレッジを結びつける環境が構築されます。部門間のコンカレントな業務連携を深め、ワークフローの最適化、プロセス効率化を継続的な向上に役立たせることができます。

トップページへ