インタビュー

インタビュー

ISID Shanghaiについて


インタビュー

中国区総裁 泉浩之董事長

上海市2009年度スター・ソフトウェア企業受賞! 日系企業躍進の陰にITでソリューションを提供するISIDあり。 北京オフィス設立など事業拡大の中、新規スタッフ積極採用中!

カモメ編集部からのコメント:
中国にある日系IT子会社というと、オフショア開発の拠点というイメージが強いようです。そういった会社の多くは、 日本の景気の低迷により、中国拠点を規模縮小、もしくは撤退しているケースもあり、あまり調子の良いイメージが沸かないかもしれませんね。しかし、そうで はない勝ち組IT企業もあります。それが今回ご紹介する電通国際情報サービスの中国現地法人である上海電通信息服務有限公司(以下、ISID上海)さんです。

ISID上海では2000年に中国に進出して以来、日系企業の中国ビジネスを、ここ中国現地でITの面からサポートしてきました。ISID上海でもオフショアの仕事もありますが、ビジネスの大部分は、中国現地日系企業から寄せられるさまざまな課題にITの面からお応えすることです。金融危機の中においても、ここ中国で着実に成長し、確固たる地位を築きあげてきました。昨年2009年には「上海市2009年度スター・ソフトウェア企業」を受賞されたそうです。

製造業・金融業のビジネスをITの側面からソリューションするISID上海では、中国ビジネスがさらに加熱する中、日系製造業、金融業の顧客のニーズに対し、さらに充実したITサービスを提供すべくスタッフを募集しています。本日はISID上海を訪問させていただき、同社の董事長・総経理 泉 浩之 氏を初めスタッフの皆さんにお話を伺いました。

電通グループの中国戦略の一翼を担うISID上海。
2010年に上海・深セン・北京・香港の4拠点でサポート体制を充実。


電通グループにおいて、中国は最重点地域の一つと位置づけています。電通グループであるISIDも、その一員として電通グループの中国戦略をITの面から支援し、中国における事業強化に取り組んできました。

1990年に香港現地法人の設立時は、主に日系金融機関を対象に基幹業務システム及びその周辺ソリューションを提供してきました。その後、製造業を中心とした日系企業の中国へ進出が本格化するに伴い、2000年に上海、01年には深センに駐在員事務所を設立し、そして02年には上海を現地法人化し、今年5月北京にもオフィスを設立。上海、深セン、北京、香港の4拠点体制となり、着実に営業およびサポート体制を拡充しています。また関連会社を含め約350名、取引実績のあるパートナーを加えると常時1000名を超える規模の体制構築が可能になりました。

中国での売上は1億元を突破。
日系大手製造業・金融機関へのコンサルティングや
ソリューション販売が好調。


最近は電通グループとの協業でデジタルマーケティング事業(ITを使ったマーケティング支援事業) も開始しています。ISID上海の昨年の売上げは約1億1千万元超。70%が日系製造業・金融機関を 中心とする中国国内の開発案件やソリューションによる売上で、日本からのオフショア売上は30%し かありません。お客様が中国ビジネスを拡大させていく中から生まれてくる案件が中心になっていま す。

例えば、日本のISIDグループ同様に、金融ソリューションの開発・コンサルティングにも取り組んでお り、2005年から上海での日系大手銀行の開発管理(PMO)も担当しています。また、日系製造業 は中 国市場に向けた開発・製造にますます力を入れており、会計、生産管理等の分野のソフトウェア製 品やサービスのニーズも高まりを見せています。さらに、日系企業だけでなく、中国現地企業も高品 質のものづくりを支える日本のIT技術やソリューションに興味をもっており、日系企業以外への提案 の機会も増えております。現在日本でも提供、開発中のクラウドコンピューティングサービスについても中国における販売を開始致します。中国ビジネスの盛り上りにより、ますます高度なITソリューションが必要になっていると肌で感じるようになってきました。


中国ビジネスの活況により、大規模プロジェクトも多数。
プロジェクトマネジメント、上流工程を中心に手がける
少数精鋭のスペシャリスト集団です。


ISID上海はスペシャリスト集団として、少数精鋭を誇り、現在スタッフは約50名。ほとんどのスタッフが、プロジェクトマネジメント及び上流工程を担当しており、プログラミング等の実際の開発については、関連会社のサポートを受けています。私たちのお客様は、日本のISIDと同じく、日系の大手企業様が中心。中国への投資額がますます大きくなっていることもあり、大規模プロジェクトなどもまだまだ増えていくでしょう。

ISID上海で働くということは、ITと業務の知識・経験をフル活用し、プロジェクトマネジャーとして関係者をまとめあげ、最適な解決方法を導きだす能力が必要になります。実際にプロジェクト関係者も多岐にわたります。お客様は現地IT部門、ユーザーだけでなく、日本のIT部門も関わります。多くのパートナーとのコミュニケーションを取りながら、日中のスタッフ交えて課題にあたらねばなりません。これは正にグローバルプロジェクトマネジャーの仕事で、日本では決して味わえない経験を積める仕事だと思いますよ。

ITや業務の知識があり、
上流工程を担えるポテンシャルがある方なら採用を検討。
日本人は上流工程の経験が豊富な即戦力人材は中国語不問!


● 中国人について

ISID上海では、即戦力を採用したいと考えていますので、IT企業での仕事経験、もしくは業務知識が豊富であることはまず大前提です。日本語ができて、大規模なプロジェクトを上流工程から担当した経験がある方であれば文句なしですが、そういう方は極めて少ないことも理解しています。そこで、上流工程の経験がない方でも、我々と一緒に仕事ができるかそのポテンシャルまで見て判断していますので、この仕事への情熱がある方はぜひご応募ください。ポテンシャルとは、以下の条件に当てはまる人です。

まず、1つ目にコミュニケーション能力が高い方。
これは単に日本語能力のことだけを言うのではなく、お客様やチームでのコミュニケーションを大切に出来る方という意味です。特に、ISID上海は日系企業のお客様が主ですので、日本国内での勤務経験がある方は、日本独特な仕事の進め方なども理解していると思いますので尚良いですね。

2つ目に、製造業・金融業の業務知識がある方、現場経験のある方。
製造業や金融などの業務関連のシステム開発を経験したことがあれば望ましいですが、製造業・金融業務に直結したソリューションを提案していますので、システム開発経験がなくても製造業・金融機関に勤めた経験や業務知識がある方の応募はウェルカムです。

最後に、自分で考えて実践することが出来る方。
ISID上海では、やりたいことがあれば、経験やタイミングを見て、やりたいことを実現できる環境やチャンスをできる限り提供していきます。そのため、何事も積極的に考えることができ、自ら行動できる人でないと、この会社にいても ”自分の仕事”が見つけられないかもしれません。責任感があり自由な発想が出来る方が弊社に向いていると思います。

この3つの素養をみて、プロジェクトをマネージメントしていけるポテンシャルがあるか判断したいと 思っています。ISID上海の中には、日本IT企業で働いていたけれど、なかなかプロジェクトマネジメントや上流工程といった責任や、やりがいがある仕事が できなかったために、中国に戻って自分の仕事の幅を広げている人もいますし、中国現地で日本向けのオフショア開発会社でBSEとして主に下流工程の経験が 長いスタッフもいます。ポテンシャル部分も重視した採用をしていますので、ぜひ、興味を持った人はチャレンジしてもらいたいですね。

● 日本人について

今の日本ではできない経験を中国で積みたいという思いでISID上海で働いている日本人スタッフもいます。中国語ができなくてもプロジェクトを上流工程から担当した経験があるような方や技術力のある方で、中国で働きたいと言う方がいればぜひご応募ください。

ちなみに待遇面について言うと、もちろん能力次第ですが上海のIT企業ではトップクラスの待遇を お約束できると思います。入社後、発揮できるパフォーマンスによって、査定を大きく見直しますので、入社時の報酬が少ない場合でも、実力をきちんと評価しています。能力が高い人を求めるわけですから、報酬についてもスタッフの満足のいくものを会社としても約束したいと考えています。その他にスキルアップの ために資格取得にチャレンジする場合にも、会社から補助等も用意しています。

■  泉 董事長が大切にする社風とポリシー


仕事に遊び心と情熱を持てる人
弊社は、風通しの良い社風作りを心がけています。また、スタッフ同士のコミュニケーションを大切にしています。中には、ずっとお客様のオフィスに常駐しているスタッフもいるので、運動会、バトミントン、勉強会、資格支援、社員旅行などの社内イベントにも力を入れています。こういったレクリエーションがチームワークや社内コミュニケーションの充実につながればと思っています。 また、私のポリシーでもあるのですが、遊び心を忘れず情熱を持って仕事をして欲しいと思います。また、考え方一つでどんな仕事にも面白みを見つけることができると思っています。そうしないと仕事が楽しめませんし成長もできないですよね。何かとがった才能を持った方、遊び心と情熱を持って仕事に取り組める方に是非ご応募頂きたいと思います。皆様のご応募をお待ちしております。

【電通国際情報サービス(ISIDグループ)とは】
電通国際情報サービスは1975年12月、株式会社電通と米国GE(ゼネラル・エレクトリック)の合弁により設立された、2000年11月には東証一部に株式上場。電通グループのIT部門を担う他、金融系・製造業向け設計開発支援に強みをもつシステムインテグレーター(ISIDグループ連結で2,320 名)。

1970年生まれ。前職ではITベンチャーで製造業向けに生産管理ソリューションを提案していた。その時の経験をベースに、製造業向けの営業チームの部長として活躍。浙江省出身。

企業の規模や資本力がなければやりたいことができないことを痛感。
総経理というタイトルよりも、もっと自分を成長させたくてISID上海へ。


●  ISID上海に入社するまで

中国で大学を卒業後、上海にある英国系商社に入社。その後、日本に留学しました。
国立大学の大学院で経済学の修士課程を修了後、日本の電子部品メーカーに勤務。その企業で、総経理として中国現地法人立ち上げなどを経験し、その後日系の貿易会社、ITベンチャーなどにおいても、『総経理』として現地法人の運営に携わっていました。

ISID上海に入社するまで『総経理』という立場で企業のマネジメントを取り仕切っていましたが、 やはり企業の規模が小さいと、会社の資本力が弱かったりすることもあり、そこにコスト・人・時間をかければ成功することが目に見えていてもチャレンジできないことが多く、常々歯がゆい思いをしていました。ちょうどそのようなことを考えいて人生の岐路にあった時、ISID上海で働く話をいただき、自分のやりたいことができるという可能性を感じて入社しました。

● ISID上海に入社してみて感じたことは?

ISID上海に入社して感じたことは、「自由」な雰囲気 が会社にある点です。やりたいことができます。逆に言えば、自分から行動を起こさなければ、何もできない。例えば、営業活動を通じて PDM(Product Data Management)のニーズがあることを感じていました。ただし、これを本格的に提供するとなると、コストもかかるしリスクもある。こういう場合、今まで働いていた企業であれば、私から会社に提案しても却下されるか、もしくはあきらかに人材・資金の面において難しいというケースが多かったのですが、ISID上海では「やってみよう」ということで早速とりかかることができました。こういった自分のやりたいことができる職場環境というのは非常に魅力的です。

また、このようにチャレンジできるのも、同僚のサポートがあるからと感じています。今までであれば、自分ひとりの知識でなんとか対処していたのですが、社内にさまざまな分野のスペシャリストがいるので、今自分が取り組んでいることに対してアドバイスをもらうことも多く、このような仲間に囲まれて働けることにうれしく思います。

● 将来について

現在、日系製造業各社も中国市場での動きを活発化させています。中国国内での売上げを高めようと、製造拠点としてだけでなく、各社とも営業体制も整えはじめ、また中国市場のニーズを反映した製品開発に取り組んでいます。各社ともR&Dセンターの計画などがあり、設計・開発業務でのソリューションも今後ニーズとして高まるでしょうし、もちろん中国での熾烈な競争に勝ち残るために商品のコストダウンや、激しく移り変わる市場の動向にあわせてリードタイムを短縮するなど生産管理ソリューションでもさらに高度な課題が増えてきそうです。ますます提案しがいがある相談が増えてきそうですね。

私は30代、40代はいろいろと経験してまだまだ勉強する年齢だと思ってます。今の環境は、まさしく中国ビジネスのこの大きな動きとの中で、自分が成長できるいい職場だと思っています。

日系金融機関の法人化プロジェクトを経て、現在は新店舗プロジェクトに参加。顧客オフィスに常駐しているために、実はISID上海のオフィスに出社するのは月2,3回。定期的に開かれる社内イベントを通じて、社内スタッフとコミュニケーションするのが楽しみだそう。江蘇省出身。

上流工程から関われる仕事がしたくて、中国にもどってきました。
”仲間”ができたこと、これは日本で働いていた時には感じられなかったことですね。


● ISID上海に入社するまで

実は大学では建築を専攻していました。卒業後は建築事務所に勤務していたのですが、たまたま日本にいる友人からの誘いで、CADのソフトウェアを開発している会社で働く話があり、本格的に日本行きを考え始めました。その時代は海外に行くことも簡単でなかった時代だけに、日本にはそれほど興味があったわけではなかったのですが、海外への興味だけで、とんとん拍子に進んで、日本で働くことになったんです。

日本語とITの勉強は、実は日本に行ってから。新天地でまさしく”ゼロ”からスタートです。当時は CやC++でひたすらコーディング作業をやっていました。その会社は6年後に倒産。次は大手ゼネコンの子会社で不動産情報管理のASPシステムの開発にPMとして関わり、その後中国に開発子会社をもつSI会社でBSEとして働いていました。

着実に日本語の能力とIT業界での経験を生かして、キャリアアップしてきたと思うのですがPMといってもすでにあるシステムの機能拡張というような仕事でしたし、BSEも日本人が設計をしたシステムを日本側の窓口として中国子会社の開発を管理していただけで、当時は仕事へのモチベーションのわりに、なかなか職場でやりたいことができず、消化不良な思いが強かったです。お客様と直接やりとりして、コンサルティングするようなことが少なかったのが、やはり日本で働く外国人としての限界かと思い、残念でした。

それ以外は特に前の企業にも不満もなかったのですが、たまたま友達の付き添いで参加した転職フェアで泉董事長の話を聞いて心が揺れました。中国で上流工程から仕事に関われ、本当のPMとして働けるISID上海の話は魅力的で、もっと自分の可能性を試したいと思い、チャレンジしてみたいと帰国することに決めました。

● ISID上海に入社してみて感じたことは?

やはり、ISID上海の仕事は顧客と直接やりとりできることが難しくもあり、それだけやりがいを感じます。日本で働いていた時は、守られていたというか、中国人として能力を最も発揮できる部分だけの仕事しか与えらえなかったんですね。それがISID上海では、お客様と直接、お話しながらプロジェクトを進めていける。つまり、仕事を自分で創っていける立場になれたというのが良かったですね。日本のSI会社にいても、今の経済環境だと、こんな大きな仕事に経験する機会もなかったと思うんです。そのままいても積めなかったような経験を積めるのは、今まさに注目されている中国でビジネスを展開するISID上海で働いているからだと思います。

その他に“仲間”と言える人たちに出会えたこと。日本で働いていると、どんなに日本語でうまくコミュニケーションができても、やはり外国人なんだと思うことが多くて。職場では“仲間”と感じることがなかったですね。おそらくお互い遠慮しているような感じというか。それがこちらでは、周りは同じ中国人で、かつ同じような日本での仕事経験を積んできたような人が多いだけに、相談したり、お互いの知識を吸収できるような同僚に巡り会えたことも入社して良かったと思います。

● 将来について

システム開発事業部のPMとして3年になります。最初は全くなかった銀行の実務に対する知識も今ではかなり蓄積されています。新店舗の設立ためのシステム統合リハーサルなどで、3ヶ月も成都に出張していたりと大変なこともありますが、それも中国全土にまでビジネスを展開している大企業のプロジェクトに参加しているから味わえる醍醐味ですね。今後、ますます日系金融機関の中国での展開スピードが速まってきているだけに、ISID上海に対しての期待感も高まるでしょうし、そして私もその期待に応えるべくさらに努力しなければなりませんね。金融業務のITソリューションでのスペシャリストとなるべく、日夜努力をつづけていきたいと思います。

Photo By 町川秀人(Shanghai Shinsen Advertisement Co.,Ltd.)
記事 By 空カモメ株式会社

応募の際は、履歴書に応募職種、連絡方法、希望待遇、学歴、職務経験等を明記して
E-MAILにて recruit@isid.com.cnまでご送付下さい。

トップページへ