JTオーサリングツール R-3D

R-3D

JTオーサリングツール

  概要

 製造業各社ではCADで作成した3Dデータを設計業務はもちろんのこと、生産準備、製造、セールス、保守メンテナンスと言った幅広い領域で利用したいとニーズが高まっています。

 CADを必要としないユーザにはCADデータを変換し、Viewerデータを展開・利用することが考えられますが、そのためにはViewerフォーマットの統一、導入しやすいIT環境が必要です。

 「R-3D」は欧米の製造業、日本の製造業においても長期保管、データ流通フォーマットとして注目されている「JT(Jupiter Toolkit)」のViewing、Authoringを可能とするソフトウェアとなっております。

また、ISIDが長年培ってきたDM(デジタルマニュファクチャリング)領域での知見を活かして開発したソフトウェアとなっており、リードタイム短縮、手戻り作業の軽減、3D資産を有効利用するためのソリューションです。

(1) JTフォーマット完全準拠
 R-3DはJTフォーマットを、データ変換処理を行わずに直接読み込むため、データ精度の劣化や情報の欠落がありません。したがって、低精度の3Dデータ を利用することによる製品の品質低下リスクが生じず、より幅広い業務で高精度の3Dデータを活用することが可能になります。

※シーメンスPLMソフトウェア社 PLM Componentを使用しております。

(2) 豊富な標準機能
 計測、断面、PMI(Product Manufacturing Information:製品加工情報)表示・検索、干渉チェックなどの、ビューワーに求められる様々な機能を標準で搭載しています。また、 BOM(Bill of Materials:部品表)の構成変更情報や、設計の変更情報を読み込み、変更点を抽出表示する機能を搭載しました。

トップページへ